緑内障は発見が遅れやすいため重症化することがある

看護師

視野が欠ける病気とは

目を閉じる女の人

気づかない病気

緑内障は、中年以降の人に多い目の病気ですが、自覚症状がないため気づかない人が多いのです。その間に病気が進行し、発見した時にはかなり重症化している場合があるのです。視野が狭くなったり、ものが欠けて見えたりするのが特徴で視力も悪くなります。その原因は、眼圧が高くなりそれが視神経を圧迫してダメージを負わせるからです。一度ダメージを受けた視神経は改善するのが難しく手術などが必要になります。クリニックでの治療は、薬物療法、レーザー治療、手術などがあり患者の症状により方法は決められます。比較的軽い症状の場合は、薬物を投与することで治療していきます。手術は薬物療法やレーザー治療が効果がない場合に行われます。

その治療法とは

緑内障は、近視の人や眼圧の高い人、高齢の人などが発症しやすい病気です。先天性の緑内障の人もいてこれは遺伝によるものです。薬物療法は、眼圧を下げる目薬などを使い行われます。その効果がない場合は内服薬を使うことがあります。最近は、レーザー治療をする人も多くなりその機器の種類も増えています。緑内障の症状によって使い分けられますが、痛みもなくそれほど時間もかかりません。薬物療法の効果が無かった人がレーザー治療を受ける場合が多く効果を上げています。緑内障の手術は、白内障の手術も並行して行われることが多くなります。緑内障を発症している人は白内障も起こしている場合が多いのです。白内障手術を同時にすることで眼圧を下げるため効果があるのです。

徐々に進行する目の病気

病院

ゆっくりと気付かずに進行していく緑内障は、失明に至る危険性もあります。常に自分の視野を意識し、異変に気付いたなら早期の検診、治療をすることで進行を抑えることに役立ちます。あなたも自分の目の定期検診を検討されてはいかがでしょうか。

詳細

最悪の場合失明もある

笑顔の女性

緑内障は視野が狭くなっていく病気です。普段は両目で生活しているため、片方の目の視野が狭くなってももう一つの目で視野をカバーするため自覚症状が少ないのが特徴です。しかも一度狭くなった視野を元に戻すことはできません。

詳細

日本の失明原因の第一位

目元を触る女性

日本の失明原因の第1が緑内障です。緑内障は自覚症状がないのが特徴で、視野が欠けてきます。気づいた時にはかなり進行していることが多いのです。40歳を超えたら定期検査が必要ですし、血縁に緑内障にかかったことのある人がいる場合も、検査が必要です。個体差がありますが、早めに発見して治療することが大事です。

詳細